TOP>神戸オフィスの指針
私たちは、お客様の立場に立ち、徹底した親身な対応によって、厚い信頼を寄せていただけるよう、努めております。

長谷部政男 特許業務法人 つばさ国際特許事務所 
神戸オフィスの長谷部政男です。
当オフィスのホームページにアクセスしていただき、まことにありがとうございます。

「商売」の本質とは

突然ですが、特許事務所における商売の本質とは何だと思いますか。特許明細書を書き、特許庁に出願することでしょうか。確かに、特許明細書を書くことは、特許事務所における主要な業務の一つであり、メシのタネであることには間違いありません。しかし、それは商売の本質ではありません。商売の本質は、クライアントが心の底から求めているものに秘められています。クライアントが求めていないことをし続けると、クライアントが次第に離れていき、商売が成り立たなくなることからも、お分かり頂けると思います。 それでは、クライアントが特許事務所に対して心の底から求めていることとは一体、何なのでしょうか。私たちは、それが「安心」であると考えております。「安心感」ではありません、「安心」です。

なぜ「安心」なのか

なぜ、私たちはそのように考えるのか、その背景についてお話ししたいと思います。知的財産は、ご存知の通り、2002年当時の首相によって国家戦略における最重要テーマに選ばれ、今では、ありとあらゆる業界において時流に乗っています。この知的財産は、法律で守られていない限り、他人に知られたとたんに模倣され、本来なら得られたはずの利益が横取りされてしまうような脆弱なものです。そのため、知的財産を利用してビジネスを成功させるためには、利益を守る道具としての特許権、意匠権、商標権などの産業財産権を、適切な時期に、かつ適切な内容で取得し、活用することが重要です。

最近では、クライアントの誰もが、そのような重要性を認識されるようになり、産業財産権によって利益を守ることを切望して、特許事務所に仕事を依頼されるようになってきました。そのようなクライアントは、知的財産のプロ集団である特許事務所に対して、漠然とした「安心感」ではなく、実感できる「安心」を心の底から求めているようです。ビジネスの成功には、「安心」が不可欠だからかもしれません。

クライアントの立場に立って

そのように考えると、私たちの価値は、そのようなクライアントに対して、実感することのできる「安心」をいかにして提供するかにかかっているともいえます。私たちは、クライアントの立場に立ち、徹底した親身な対応によって、クライアントから「こんなことまで してくれるのか!」と言っていただけるような「安心」を提供し続けていきたいと考えております。その結果、今まで以上に、大きな信頼を寄せていただけたら幸いです。